人事部サポート

人事部が社労士に依頼している仕事内容

社会保険労務士と契約している企業の人事部の方はどのような仕事を依頼しているでしょうか。
給与計算・社会保険手続などは、多くの社会保険労務士事務所でも依頼することができる仕事です。

社労士事務所でも専門知識があるか、得意かどうかが分かれる業務として、
就業規則の見直し・作成労働問題については別ページで記載しました。

それに加えて人事部として対応が必要な、従業員が抱えている問題全般に対処することではないでしょうか。

 

人事部が対応する必要がある従業員の問題

人が集まって働く会社においては、従業員にとって様々な問題が起こりえます。

・過重労働ぎみで健康不安を抱えている
・日常的に上司から厳しく叱られているがこれってパワハラ?
・職場に架空の経費を会社に請求していると思しき人がいる
・多重債務を抱えている人がいて取り立ての電話が会社に入り困っている
等々・・・。

大企業であれば人事部に専任の担当者がいる場合もありますが、そのような体制を取ることが難しい中小企業では、これらの案件は社長の下に集中してしまいます。
社長が正しいアドバイスをくれる相談先、もしくは、「それならここに相談しなさい」と言える頼れるパートナーを持っているかが従業員の安心感やひいては業績にも影響を与える恐れがあります。

社長に相談が来たときに「忙しいから」とこれら問題を放置すると事態は悪化する恐れがあり、社員のモチベーションは低下し、会社としてのガバナンス不全が問われる事態にもなりかねません

 

社労士は従業員の問題に対応する人事部や経営者の強い味方

前述のとおり、給与計算は多くの社労士事務所で対応しています。
ですが、従業員が抱える問題への対応やアドバイスはどこの社労士事務所でも対応が可能なわけではありません。

当法人では、個人事務所とは違って社労士が複数在籍しています。
企業の人事部門の勤務経験が豊富で法律に精通した社労士が在籍しており、これら諸問題に対して臨機応変にスピード感をもって対処することができます。その結果、時間の経過とともに事態が悪化してしまう事態を防ぐことができます。

個別業務に特化した社労士に比べ、当法人なら人事部業務全体を包括したソリューションのご提供も可能です。

特に多くの従業員を抱えている企業で、人事部機能の充実をさせたいと感じている事業主の皆様、ご相談をお待ちしております。
お気軽にお問い合わせください。

関連記事